FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- (--) | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

George Harrison - "George Harrison"

2013-09-25 (Wed) | 20:17

 最近、フッとした時に思い出して久しぶりに聴いていたのがこのアルバム(↓)なんだ。



George Harrison - George Harrison
George Harrison - "George Harrison"(邦題:『慈愛の輝き』)



 このアルバムは1979年にリリースされた彼の8thアルバムであり、又、1970年の"本格的"ソロ・デビュー・アルバムであり、とてつもない大傑作として知られる "All Things Must Pass" と並ぶ程の傑作アルバムだと僕が思っているアルバムなんだ。

 これを買った時の事はよく憶えている。

 ここ に書いていた高校1年生(1980年)にジョン・レノンのラスト・アルバム "Double Fantasy" の予約品を受取りに(ここ柳川の)小川楽器さんに行った折に、当時のジョージの最新盤として入荷していたこのアルバムを一緒に購入したんだよね。

 で、肝心のジョンの "Double Fantasy" の音に安易なアメリカン・ハードっぽいニュアンス(キッスやチープ・トリックっぽい音)と作曲能力の著しい低下を感じてしまいガッカリしたのと違い、このジョージのアルバムはグっときたんだ。

 テクノやニューウェイヴが巾を利かせていた当時、よく書かれた曲と的確な演奏に魅せられたんだ。

 そんなこのアルバムの素晴らしさを最も良く表していたのが、このオープニング・トラック(↓)だった。




George Harrison - 'Love Comes To Everyone'



 恐らくジョージがその生涯で残した曲の数々の中でこの曲が一番最高傑作だと思う。

 又、この曲でのゲストも素晴らしい。

 何て言ってもイントロのギター・ソロはクラプトン(彼自身も2005年にこの曲をカヴァーしている。しかもウィンウッドも参加!!)であり、それと呼応するようにアウトロではスティーヴ・ウインウッドがミニ・ムーグ・ソロを披露している。

 ただ、惜しいのは、上記のようなテクノやニュー・ウェイヴ全盛時代であり、いまだパンクの強烈な余韻が残っていた時代でもあったので、ジョージがそのキャリアで到達した熟練のソングライティングとサウンド・メイキングが"ぬるい音"に聴こえたのも確かだった。


 この 'Love Comes To Everyone' の次に「いい曲だなぁ~」って反応したのがアルバム2曲目のこの曲(↓)。




George Harrison - 'Not Guilty'



 今となったら、ビートルズがホワイト・アルバムで死ぬ程レコーディングしたのにオクラ入りさせた(後に "Anthology 3" で好評された)曲として知られているのだけど、ここでのアコースティックなアプローチが正解だと思う。

 ビートルズ・ヴァージョンは "Sgt.~" "Magical~" 期の揺れ戻しでギター・ロック的なハードエッジな出来となったホワイト・アルバムの他曲と同様な凄くヘヴィなアレンジとなっていて曲の良さを引き出していないように感じられる。


 で、3曲目もビートルズ絡みのこの曲(↓)




George Harrison - 'Here Comes The Moon'



 タイトルからして 'Here Comes The Sun' をあからさまにモジっているのは明らかで、途中に挟まれる"揺らし系"エフェクトが掛けられたギター・アルペジオもそれ風だね。

 これもなかな良い小品だよね。



 次に紹介しておくのは、シングルで小ヒットしたこの曲(↓)。




George Harrison - 'Blow Away'



 これは如何にもジョージがシングル向けに書いた"らしい"曲だね。

 これじゃ、全曲紹介しなくちゃいけなくなるね。

 では最後に、あまりにも美しいラウ・ソングであり、珠玉のハーモニーとメロディが味わえるこの曲(↓)でペンを置くとしよう。




George Harrison - 'Your Love Is Forever'



 では........おやすみ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


Profile

Wizard

Author:Wizard

Massage Board

★Warehousefull Of Soul★

過去から最新のものまでに至る膨大なWizardのレコーディング・アーカイヴから その音源をありのまま ここ にアップ

★Live Information★

病気の後遺症の為、ソロ・ステージは引退させて頂きました。
Thanks, folks

★Wizard の本棚★


ブクログ
少しずつ整理整頓してみたいと思います。

E-Mail to Wizard

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。