FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- (--) | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's Fifty Years Mean?

2015-05-09 (Sat) | 18:00

 そう、1ヶ月余り前........3月11日に遂に50歳を迎えたんだ。

 前にも書いたかもしれないけど、僕と父親はジャスト20年違いの同じ誕生日なんだよね。

 僕は昭和40年(=1965年)、父親は昭和20年(=1945年)でね。

 つまり、父が成人になった日に僕はこの世に生まれたというワケだ。

 そんな事もあったり、今では例の大震災の日に成ってしまったりして、自分の誕生日に対して何だか妙な感覚を覚えるようになっちゃってね、ここ最近は........

 特に、脳の病気の関係もあって、よく病院に行って採血や検尿を受ける機会も多く、その度に看護師さんから誕生日を確認される為、自分で「昭和40年3月11日です。」って言った先から何だか妙な感覚に襲われちゃってね。


 とうとう50歳になっちゃったよ。

 20代から30代っていうのは若い感覚のまま地続きでそれなりのスピードで過ぎて行ったんだけど、40代に入ってからのこの10年は出鱈目に早かったね。

 1年が早いという事ではなく、1週間が瞬きしている内に猛スピードで過ぎ去る日々の積み上げの結果で10年が早かったという感じ。

 特にくも膜下出血を45歳の時に患ってからのこの5年は猛烈に早かったね。

 日々責任ある仕事を片付けて行くだけで終わっていく感じでね。

 見た目では、特に身体的後遺症はない為、他人からは実に普通に見えているハズ。

 が、実の処、見えない後遺症にそれなりに悩まされている。

 故に、色んな事に結構な時間が掛かったりする為、結果時間が早く過ぎる感覚を持っている部分もあると思う。


 さて、そんな僕と父親のお誕生会を家族が開いてくれてね。

 しかも今回は両親の結婚50周年も兼ねてという事でね。

 そして、お久しぶりの大好物のコイツ(↓)を堪能しちゃった。


お誕生会のケーキ 2015年3月
僕と父のお誕生会、兼、両親の結婚50周年記念のケーキ

コメント

No title

最近音信不通ですいませんでした。
昨年暮れよりまた体調を崩してしまいました(心療系)。
春よりぼちぼち仕事を再開しております。
お互い50の大台に乗ってしまいましたね。
色んな大変な事、しんどい事、辛い事もありますが、音楽は
こんな時に本当に心に刺さるものですね(良い音楽はね)。
本当にどれだけ支えになった事か。
音楽を好きで本当に良かった!と今は心から思います。

…こんな状態ながら、車ではJB’sとか「ホワット・ア・フール・ビリーブス」とか聴いてたりするんすけどね(笑)。

お互い

こちらこそ、お返事送れてすみません。
気付かなかったものでね。申し訳ない。
さて、お互い次々と病に追い立てられるよね。
それにしても、大変だったね。
もう大丈夫なの? 気をつけて下さい。
ウーム、JB'sねえ。
大学卒業して行った先の東京で僕は一度聴いてる音楽が
180°転換したんだ。
つまり、白黒の比率。
大学出るまでは7:3で白が多かつたけど、それが逆転して東京にいる間、黒ばっかり聴いていてね。
その最初期に勉強し直していたのがJB関連。
あと、カーティス・メイフィールドとかフィラデルフィア・ソウルやサザン・ソウル関連。
でも、JB'sって病み上がりにちとキツくない?
耳を澄ましていると、何処からともなく、「オレはここにいるぜぃ」ってな感じであちこちでJBが吼えている事多いからね。(笑)
僕の場合ファンクって結局JBとスライの「暴動」前後の2~3枚に集中してしまう。
勿論P-Funk系は全て聴いているけど、何だかメジャーっぽいコード感が、今一つ上に挙げた類のレベルまでとことん好きになれない理由なんだ。
それとまったく同じ理由でスライの「暴動」以前はそれ程好きでもない。
結局上に挙げたようなヤツは3コードから派生したブルージーな感覚(ある意味「アーバン・ブルース」とも言える)が好みなんだと思う。
「ホワット~」って、ドゥービーのアレでしょう?
アレ、実によく書けた曲だと思い高校の頃から好きなんだ。
ただ、僕等がバンドやってた時代(=80s後半)に、あのピアノ・リフがどれだけ腐った邦楽にパクられていた事か!?
だから、うかつに好きとは言い辛い処がある。(笑)
あと、たしかあの曲のプロモ・フィルムだったと思うけど、何だか以上に笑えるヤツだったと記憶している。
こんなスタイリッシュな曲をキーボードを弾きながら唄うマイケル・マクドナルド中心に映しているんだけど、ちょくちょく割り込む棒立ちしたもはやバックバンド化したオリジナル・メンバーの七三分したむさ苦しい長髪姿が曲調と甚だしくかけ離れていてね。
時代はもはやニューウェイブになっていたのに......
ではまた。

コメントの投稿

非公開コメント


Profile

Wizard

Author:Wizard

Massage Board

★Warehousefull Of Soul★

過去から最新のものまでに至る膨大なWizardのレコーディング・アーカイヴから その音源をありのまま ここ にアップ

★Live Information★

病気の後遺症の為、ソロ・ステージは引退させて頂きました。
Thanks, folks

★Wizard の本棚★


ブクログ
少しずつ整理整頓してみたいと思います。

E-Mail to Wizard

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。