FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- (--) | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休前に読んだ2冊

2018-05-05 (Sat) | 09:16

 連休前に読んだ2冊(↓)を挙げておこう。


大宏池会の逆襲・大日本史
(左)「大宏池会の逆襲」 木下英治著 (右)「大日本史」 山内昌之・佐藤優著


 「大宏池会の逆襲」は池田勇人から始まる自民党内の"真ん中からやや左寄り"の派閥=宏池会の歴史を紐解きながら、その現在の領袖=岸田文雄の人物像と政治的スタンスを綴ったある意味かなり強力な「岸田文雄応援本」だ。

 それは即ち、ここ柳川を地盤とした宏池会出身の大物政治家=古賀誠や細かく分裂していた宏池会を再結集して「大宏池会」を作って影響力を増大させたい麻生太郎の政治的思惑も絡めた上で、ポスト安倍晋三は岸田文雄が適任という結論を導き出す本でもあるという事。

 まぁ僕は安倍さん支持な人なんだけど、石破茂は経済がダメだと感じていて、そういった意味では、次は岸田文雄が良いのではと思えてくる程度の情報を得られた本でもある。


 「大日本史」は現代日本人が知っておくべき幕末~太平洋戦争終戦期の濃密な歴史が"日本史を軸とした世界史"という観点から丁寧に紐解かれた傑作本。

 歴史学者=山内昌之氏と元外務官僚=佐藤優氏の対談形式で書かれている。

 これは世界の中で日本人が如何にして現在の日本人になったかの歴史的一端を知り得る本なので、ぜひ読んでもらいたいと思えるモノだ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


Profile

Wizard

Author:Wizard

Massage Board

★Warehousefull Of Soul★

過去から最新のものまでに至る膨大なWizardのレコーディング・アーカイヴから その音源をありのまま ここ にアップ

★Live Information★

病気の後遺症の為、ソロ・ステージは引退させて頂きました。
Thanks, folks

★Wizard の本棚★


ブクログ
少しずつ整理整頓してみたいと思います。

E-Mail to Wizard

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。